×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

セルライト除去を始める前に

セルライト除去の方法で、自分にあった方法が見つからないと悩んでいる方もいるでしょう。それならば、専門の皮膚科やエステサロンで自身のセルライトのタイプを調べてもらいましょう。セルライトには「脂肪型」「むくみ型」「繊維化型」「筋肉質型」があります。自身のセルライトがどのタイプか判別出来ればセルライト除去対策も出来ます。
エステサロンでは痩身コースの中にセルライト除去が組み込まれているところがあります。ラ・パルレでは「NEWセルライトDXコース」のお試し体験コースとして、Web申し込み0円キャンペーンを行っています。まず簡単なお試しコースでカウンセリングを受けてみて、ご自身のセルライトチェックをしてみるのもよいでしょう。
エステサロンに一人で体験にいくのは高額なプランを組まされるかもといった不安がつきものです。友人などと一緒に行く事でこういった不安が解消できます。余計なプランを勧められたときなど、一人より二人のほうが断りやすいでしょう。まずは友人と二人で体験コースのセルライト除去をうけてみた後に、本格的なセルライト除去のコースを検討出来ます。セルライト除去の期間や料金、方法など納得できてからでも遅くはありません。

セルライト除去はクリニックで

セルライト除去はクリニックで行えます。クリニックでは「脂肪溶解注射」という施術方法があります。「脂肪溶解注射」は脂肪吸引のように脂肪を取り除くのではなく脂肪を溶かしてセルライトを除去するものです。セルライトを除去したいところに直接「脂肪溶解注射」をして、セルライトを溶かしてしまう方法です。「脂肪溶解注射」は、高脂血症や脂肪肝などの治療にも使われている大豆由来の自然素材が使用されています。
セルライトの除去に有効な「脂肪溶解注射」に使用する針の太さは極細ので、注入時の痛みもほとんどないようです。「脂肪溶解注射」でのセルライト除去は、二の腕や顔にも使用できるようです。また、体の部分的な箇所に点在している気になるセルライトを、「脂肪溶解注射」でピンポイントでセルライト除去する事が出来ます。これが「脂肪溶解注射」でセルライトの除去の画期的なところです。
クリニックで行うセルライト除去にはもうひとつ、「炭酸ガス」での施術方法があります。炭酸ガスを皮下に注入する事により二酸化炭素が増え、血管内からの酸素解離(赤血球内のヘモグロビンという酸素運搬物が酸素を離しやすくなります)や組織酸素量が増加、反応性の血管新生・血流増加によって代謝を上げセルライトを吸収します。また二酸化炭素という酸性の特性によって脂肪を分解していくことでセルライト除去をおこないます。
セルライト除去は「脂肪溶解注射」と「炭酸ガス」のふたつを組み合わせることによって、お尻や太もも・二の腕・顔といった点在した箇所にあるセルライトをピンポイントで除去することが可能になります。

スポンサード リンク

セルライト除去をエステサロンで

エステサロンで行うセルライト除去には、BTB脂肪排泄システムやエンダモロジーなどがあります。これらのセルライト除去方法では、セルライトを解消するに一回の施術では効果が期待できないなど、いくつか問題もありそうです。また、エステサロンによってはセルライト除去は10万円から20万円程度で出来るといいながら、全体的に施術するとセルライトケアーの効果が高まるからと言われ、50万円もするコースを勧められたなどの話もあります。あまりにも高額なものを勧めるサロンは気をつけたほうがいいでしょう。
セルライト除去はダイエットやサイズダウンが目的といったコースの中に含まれていたり、セルライトケアーは「減量+体質改善プラン」や「部分集中サイズダウンプラン」などのコースに組み込まれています。ラ・パルレでは「NEWセルライトDXコース」と言う、セルライト除去専門コースもあります。カウンセリングをして、ヒートマットで血行促進。その後、機械と手わざで揉みほぐしていきます。完全予約制ですが、無料で体験できます。私も一度無料体験に行きましたが、お勧めはされても無理な押し付けはされません。一度相談してみる事をお勧めします。
*(体験だけでその後は行っていません、ちょっと予算がきつかったので)*

Copyright © 2008 セルライト除去は専門家に